原直久写真展「時の遺産」

原直久写真展「時の遺産」
-オリジナルプリント展- 原 直久 時の遺産 2018年10月9日(火)~11月9日(金) 9:30~16:30 土曜日は正午まで 日曜休館 11月2日~4日 学部祭期間は開館 日本大学芸術学部芸術資料館/写真ギャラリー 西武池袋線江古田駅下車 江古田校舎西棟3F/東棟1F 176-8558 東京都練馬区旭丘2-42-1 03-5995-8315 写真家・原直久は1973年以来40年以上にわたり8×10インチの大判カメラを用い作品制作を続けてきました。 最初に個展として発表された「蜃気楼」のシリーズは銚子や九十九里海岸においてモチーフを見出したもので、自然が長短の時間をかけて生み出す形態の、移ろう光の中にある一瞬の造形美をとらえたものでした。写真家は同じ頃、画家であった父と共に訪れたパリに強く心を惹かれ、その後はパリを主なモチーフとして制作が...
More

濱田祐史作品展 「R G B」

濱田祐史作品展 「R G B」
2003年卒業の濱田祐史さんの写真展です 濱田祐史作品展 「R G B」 2018年9月7日(金)−10月27日(土) PGI 月 − 金 11:00 −19:00 / 土 11:00 −18:00 / 日・祝日休館 / 入場無料 東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F  tel.03-5114-7935 http://www.pgi.ac   本作「R G B」は「C/M/Y」に続き、色と光を考察する作品の第二弾となり、光の三原色をテーマに据えています。フィルムに露光された色と粒子そのものを見たい、という思いから、白をバックに影を被写体として、R(赤)G(緑)B(青)のフィルターを使用し、多重露光で撮影しています。 写真の持つ要素のひとつである「記録」もこの作品のもうひとつの側面です。身近に入手することのできるカラーネガフィルムを買い集...
More

上岡弘和写真展「日本の可動橋 -勝鬨橋とその仲間-」

上岡弘和写真展「日本の可動橋 -勝鬨橋とその仲間-」
1989年3月卒業 上岡弘和さんの展覧会が開催されます。 上岡弘和写真展 「日本の可動橋 -勝鬨橋とその仲間-」 会期: 2018年8月17日(金)から23日(木) 時間: 10:00〜19:00(最終日は16:00まで) 場所: 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1 〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-3 フジフイルム スクエア内 TEL 03-6271-3351   昭和15年の完成当時、東洋一の可動橋と謳(うた)われた、勝鬨橋。残念なことに、通過船舶の減少や陸上交通の増大などにより、50年近く閉じられたままとなっています。しかしながら、日本各地には、現役の「動く橋」が、まだまだ、数多く存在しています。 今回は、勝鬨橋の未公開部分の様子や、かつて動いていた橋、さらには地元に愛されながら、今もなお可動している橋たちの現在...
More

原直久作品展「蜃気楼 IV」

原直久作品展「蜃気楼 IV」
原直久作品展 「蜃気楼 IV」   会期             2018年5月9日(水) − 7月7日(土) 日曜日休館 時間             月~金 11:00~19:00 / 土 11:00~18:00 料金             無料 会場             PGI 東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F tel. 03-5114-7935 都営大江戸線 赤羽橋駅 徒歩5分、 東京メトロ 日比谷線 神谷町駅 徒歩10分、南北線 麻布十番駅 徒歩10分     同じ場所を撮影した2枚のネガを左右反転させ重ねて合成プリントしたシンメトリックの作品を中心に、房総の海の美しい造形や風景を捉えた「蜃気楼」シリーズの代表作を30年ぶりに展示します。    
More

日藝卒業生による「猫」展

日藝卒業生による「猫」展
日藝卒業生による「猫」展 2017年7月19日(水)~30日(日) 休廊:7月25日(火) 12:00~19:00(最終日は17:00まで) 写真学科卒業生の出品は 鈴木孝史、石田慎、大室朋信、小林美穂です。 ギャラリーストークス 東京都港区南青山6-2-10 T・Iビル4F 03(3797)0856
More